MENU

太陽に負けないサプリは男性にも実は人気?その理由とは

女性と違って男性は紫外線から身を守るという意識がかなり低いですよね。
ですが、男性のほうが紫外線にさらされている時間が長いということもよくあります。

  • 外回りの営業をしているサラリーマン
  • 上司との付き合いで炎天下のもとでゴルフ
  • マリンスポーツやウィンタースポーツが趣味の男性

多くの男性に当てはまるでしょう。
ただ、仕事や遊びに夢中だと紫外線対策は全くしないという人がほとんど・・。
そんな男性の紫外線対策に、太陽に負けないサプリが密かな人気となっているんです。

 

どうして?男性に太陽に負けないサプリが人気の理由

男性が紫外線対策をしない理由で共通しているのが次の3つ。

  1. 男が日焼け止めなんてカッコ悪い!
  2. 仕事中にまめに塗り直している暇なんてない!
  3. 日焼け止めを塗るのがメンドクサイ!

確かに、スーツを着て営業周りしている時や上司との接待ゴルフの途中でこまめにクリームを塗るっていうのは無理がありますね・・。化粧品やスキンケア商品に慣れていない男性なら余計にメンドクサイと感じるでしょう。
そんな中現れた太陽に負けないサプリが男性に人気となっても不思議ではないですね。

 

男性に塗るタイプの日焼け止めは向いていない!?

そもそも、男性の肌に塗るタイプの日焼け止めは向いていないんですよね。

  • 女性よりもオイリー肌なためクリームを塗るとテカテカになる
  • 汗をよくかくのですぐに流れてしまう
  • 何度も塗り直すということを嫌がる男性が多い
  • 臭いのキツイ商品が多い

こういう点を考えていると、男性にこそ太陽に負けないサプリがおすすめなんじゃないかと思えてきます。
女性なら日傘なんかの紫外線対策グッズも使いやすいですけど、男性って嫌がるじゃないですか。そういう人でも、飲むだけでこっそりと紫外線対策ができるっていうのは嬉しいでしょうからね。

 

太陽に負けないサプリは男性にもピッタリ!

見てきたように、実は男性にピッタリの太陽に負けないサプリ。
男性はシワやしみを気にしない人が多いですが、眼病や皮膚がんのリスクもある以上紫外線対策は行うべきです。
日焼け対策なんて男のすることじゃない!なんて考えはもう古いですよ!
これからは男性も飲んで紫外線対策する時代です。
興味が湧いた人はこちらから試してみてはいかがでしょう?

 

太陽に負けないサプリランキング

関連ページ

メリット&デメリットまとめ!
太陽に負けないサプリを使うメリット・デメリットについてそれぞれまとめて解説します。
おすすめできる人、できない人
太陽に負けないサプリをおすすめできる人・できない人の特徴をまとめています。
飲むタイミングは?持続時間は?
太陽に負けないサプリを効果的に飲むタイミングや、持続時間はどのくらいかを解説しています。
UV対策に効果的な理由は?
太陽に負けないサプリがUV対策に効果的な理由とは?そのメカニズム、仕組みを解説しています。
日焼けした後飲んでも有効?
太陽に負けないサプリは日焼け前に飲むべきなのか?日焼けをした後にも有効なのか?について解説しています。
副作用や危険性はない?
太陽に負けないサプリに副作用はあるのか?危険性はないのか?安全性に関する不安を解消します。
日焼け止めクリームと併用すべき?
太陽に負けないサプリを飲めば日焼け止めクリームは必要ないのか?併用した方がいいのか?その疑問を解消します。
Amazonや楽天で買える?
太陽に負けないサプリをAmazonや楽天で買ってはいけない理由について解説します。
効果的な飲み方とは?
太陽に負けないサプリの効果的な飲み方について徹底解説しています。
色黒の人にも効果ある?
太陽に負けないサプリはもともと肌が黒い人にも効果があるのか?解説しています。
美白効果もあるって本当?
太陽に負けないサプリにはUVケアだけでなく嬉しい美白効果があることを説明しています。
ヘリオケアと比較!
ヘリオケアと太陽に負けないサプリを比較し、どちらがより効果的かを説明しています。
一年中飲んだ方がいいの?
太陽に負けないサプリは夏だけでなく一年中通して飲んでおいた方が効果があると言われる理由について解説しています。
日本製じゃないとダメ?
太陽に負けないサプリは海外産のものよりも日本製のものを選ぶべき!その理由を5つに分けて解説します。
色白の人が飲むとどうなる?
太陽に負けないサプリを色白の人にこそ飲んで欲しい理由を説明しています。
子供の日焼け対策にも便利
なぜ子供の紫外線対策に太陽に負けないサプリがおススメなのか説明しています。
肌断食効果とは?
太陽に負けないサプリは肌断食にもピッタリ。嬉しい美肌効果を説明しています。
このページの先頭へ